2016年、スタートアップ特化型採用サイトのJustaは、より多くの転職希望者 がやりがいのあるスタートアップへの転職に成功し、日本のスタートアップエコシステムの盛り上がりを中から見ていくことができ、嬉しく思っている。

以前の記事でもご紹介したとおり、スタートアップへの転職は、不安なことも多い。一般的に、採用のプロセスというのは、多くの労力を要すが、特にスタートアップは採用担当者という役職がいないことがほとんどであるため、応募している企業から連絡が中々来ない不安や、会社のことを 知る機会も大手企業と比べて少ない。就職説明会を行っているスタートアップはあまりいないし、採用面接自体もそう何回も行われるわけではない。

Justaは、そんなスタートアップへの転職に意欲的な転職希望者 のための、採用プロセスの明瞭化と不安軽減をミッションとして掲げている。ありがたいことに、今までJustaの登録者からは率直な感想をたくさん寄せてもらうことができた。貴重な意見の数々の中で、言えることは、自分たちのサービスへのニーズの高さと同時にそれに追いつけていない力不足を痛感させられたということだった。

スタートアップ特化型求人サイトの中でも国際的なチームと人脈というのがJustaに唯一無二の価値を与えているところではあるのだが、それと同時により多くの壁に直面することも避けられない。伝えたいことの伝わり方が英語と日本語では大きく違うことも多い。両方の言語でそれぞれの言語を使うスタートアップや転職希望者をJustaに集め、言語の隔たりも含め、全登録者に使いやすいプロダクトの開発という意味では、発展途上だったと言わざるを得ない。

しかし、成長の速さこそスタートアップの強みである。

今回は誤解を恐れずに、それらの反省点を共有させていただく。そして、そんなJustaの成長の軌跡と反省の詰まったこのサイトは12月12日までで利用終了、12月13日からは反省から試行錯誤を重ね、開発してきた新しいサイトをお披露目する予定である。13日の新Justaサイト発表イベントでは、大きく生まれ変わった我らがサイトの全貌をご覧にいれるが、それに先立ってこの記事でみなさんにも共有したい。お使いの求人サイトの使いやすさや、現在の転職活動の進み具合なども想像しながら読んでいただけると共感していただける部分もあるかと思う。


私たちJustaサイトの反省点と改善点

  1. 差別化できない簡素なプロフィールページ

登録のしやすさを重視するがあまり、転職希望者 が自分のプロフィールページ に掲載できる情報が限られていた。もっと自分のことを詳しくアピールしたいという声を多くいただいた。確かに、すごく文章力に長けていて、たくさんの情報を書いても企業がしっかりと読んでくれるようなプロフィール文を、転職希望者全員が書けるわけではない。時間的制約もあるし、母国語以外のスキルが必要とされる職場への応募だとしても、外国語でクリエイティブな文章を書くことの難しさは計り知れない。シンプルで使い易いはずのプロフィール作成画面だったが 、無意識に不必要な足切りラインを設けることになってしまっていたかもしれない。

screen-shot-2016-12-02-at-11-49-11-am

新 Justaでは、そのモヤモヤを全て解消した。違ったスキルを持った転職希望者が、もっと手軽に自分のアピールと他の登録者との差別化をできるよう、タグ機能や選択式の項目を含め、公開できる情報の種類を格段に増やした。

  1. 採用プロセスの不透明さと煩雑になりがちなメッセージ管理機能

Justaの特徴として、転職希望者が応募企業と直接Justa上でメッセージのやりとりができるという点があるが、今までの機能としては既読・未読で色分けされることくらいに留まっていた。基本的に、企業は興味のある応募者にしか返信しないので、自分の応募がまだ審査されていないのか、審査されて落とされたのか、それとも次の段階に進めるが連絡が来ていないだけなのか、知る術が無かった。転職活動には付きもののモヤモヤだが、転職希望者を一番悩ませる部分でもある。業界の問題に切り込んでいくべき、いちスタートアップとしては見逃せない部分であった。

そこで、新Justaでは企業側が1クリックでそれぞれの応募者に採用プロセスの現状を知らせることができるフィルター機能が搭載される。デザインとして進捗状況を可視化する帯グラフも近日中に導入される予定だ。各応募者は、自分のプロフィールページから、応募した求人の現状を見ることができる。不採用なら「不採用」タブに、次のプロセスに進めるなら「選考中」タブにという風に、自動で振り分けられているということだ。

使いやすくなる新Justaの管理ページ上で転職活動に必要な情報とメッセージが全て管理できるため、応募企業によってEmailやSNSなど連絡媒体を変える必要がなくなる。全てワンストップで済むようになり、転職活動の負担はかなり軽減されるだろう。

  1. 興味のある企業が見つかりにくい、簡素な企業情報と求人情報

転職希望者だけでなく、登録スタートアップ側のJustaサイトも多くの改善が求められてきた。特に、転職希望者に公開されているスタートアップ企業情報があまり多くなかったため、どのスタートアップに自分は合っているのかが見えにくかった。

そういった声を真摯に受け止め、新Justaでは転職希望者が得られる登録スタートアップ企業の情報も増大するようになる。詳しい事業内容だけでなく、企業文化やチームの雰囲気など、文章に限らずより多くの画像や動画などを通じて企業研究ができる。チームの雰囲気まで知った上で転職希望者は求人に応募できるため、求人サイトとしてマッチング性能が飛躍的に上がることが期待できる。

ユーザーインターフェースのデザインや機能の詳細は12月13日の発表を待ち望んでいただきたい。一新されるデザインとは対照的な、地味だが重宝する機能がたくさん搭載される新Justaで、2017年は、今年以上に多くのスタートアップの採用活動を簡単に、効率的に、そして効果的にできることを、チーム一同、強く望んでいる。


現職に就きながらする転職活動は、制限が多いのが現実である。限られた時間の中で、あまり周りの助けも得られない場合も多く、最終的に妥協をして転職する人も実は多い。せっかく、よりやりたい仕事を求めて挑戦し始めた転職活動であるにもかかわらず、結局妥協しないといけないとしたら、それは非常に残念ではないだろうか。

欲しい情報に特化したサイトで、応募から採用まで一括で管理できるプラットフォームがあれば、短時間に効率良くより多くの情報を仕入れることができる。もちろん、円滑に選考プロセスが進めば、心理的負担もかなり軽減されるであろう。

そして、本当はちょっと転職を考えているのに、転職活動自体の負担に気が重くなり、躊躇してしまっている人の背中を押せるようなツールになれたら、スタートアップエコシステムを盛り上げたいJustaとしては本望である。

執筆:Suzuka Eco

Justaのページへ戻る>>

justa-green-2