面接のスケジュール管理のコツは?会社の優先順位をどうつける?

面接プロセスに関する記事パート1では、あなたが最良の機会を発見する方法と時間に余裕を持って面接準備をする方法についてお伝えしました。

本記事では、面接日程の調整方法をお伝えします。もし仮に、あなたが5社の面接を予約できたとして、あなたは全ての会社を受けるでしょうか?全社を受けるとして、どのように面接日程を調整するのでしょう?

1.自分の時間をコントロール

— あなたが日程調整の采配をとるのですー

面接は電話面接と対面面接のどちらでしょうか?外資スタートアップの多くが電話面接を実施しています。しかし、あなたが直接電話面接をしたいと言わない限り、電話かSkype面接が実施されないこともあるでしょう。最終的に会社の人と会うことはとても大切なのですが、電話面接と対面面接を混ぜることであなたの貴重な時間を節約できます。お昼休みはとても貴重な時間です。急いで面接を受けるのは、もったい無いです。より良い面接日程を組むために、仕事まえに朝の面接を受けるのはいかがでしょうか?

面接官の提示する日程のうち、あなたが出席できる面接時間帯は13-14時だけでしょう。もし、その時間帯を避けるのであれば、このようにメールを送るのが効果的です。


“お世話になっております。〇〇会社の△△と申します。

この度は面接という貴重な機会を設けてくださり、誠にありがとうございます。


しかし、面接日程の件ですが、ご提示された時間ですと面接に伺うことが大変難しいです。大変申し訳ございませんが、もし可能でしたら、水・金曜日の8:30か18:30以降に調整していただくことはできますでしょうか?他の代替案として、午後に電話面接をすることも可能でございます。

ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんが、ご検討頂けますと幸いです。

何卒宜しくお願いいたします。”


面接官は良い人材を探すのに必死です。もしあなたに本当に会いたいのであれば、彼らは日程調整をするでしょう。私は、忙しいヴァイスプレジデントが採用のために日程調整を妥協する場面を見たことがあります。

  2. 賢く、面接の優先順位をつけましょう

余裕を持ってスケジュールを組んでください。午後・午前休をとるか、あるいは全休をとっていくつかの面接を済ませてしまいましょう。特に、最終面接の際にこうすることをオススメします。そうすることで、精神的にも肉体的にも余裕ができ、最終面接に向けて準備することができるからです。

prioritize-interviews

もっとレベルを上げてみましょう。

やるべき仕事がいくつかある時に、5社の面接リクエストが届いたとします。前述したアドバイスを受け止めながらも、全ての面接を入れられなかったとします。そこで生じる疑問は、”複数社の面接を受けた方がいいのか?一社に集中した方がいいのか?どの会社が面接を受けるのに値するのか?どうやって優先順位を決めるのか?”ということです。

この質問に応えるためには、あなたのキャリアゴールと優先順位をリストアップすることが必要です。そして、この会社(ジョブディスクリプションではなく、)が本当にあなたを目標に導いてくれるのか自問自答してみてください。下記の方程式を利用して数社を除外してみてください。

  • もし、あなたの興味が50%以上ならば、面接に行ってください。
  • もし、99%あなたがその内定を受けないということがわかっているならば、リストからその会社を決して時間を他の会社のためにとっておいてください。

決定を、ジョブディスクリプションを基に決めるのはいけません。何故ならば、ジョブディスクリプションは一般的に意味がないからです。仕事内容が本当に明らかになるのは、実際に会社に出向いて、そこで働く人々に出会い、仕事のニーズを直接聞いた時です。私たちは、ファクトベースではない、伝聞に基づいた会社の「イメージ」を持ちがちです。典型的には、製品やサービスの消費者としての視点から会社を見ることが多いのですが、「それはその会社で働くとはどういうことか」ということとは全然違います。それは、マネージャーと会うまで分かりません。

複数選択肢を持っておくことのもう一つの利点は、給料と福利厚生の交渉をするときにレバレッジを掛けられることです。「カンパニーXは私にこれを提示してくれた、だから私はX以上の報酬を最低でも期待する。」という風に。あなたは、面接に言っただけではまだ何もコミットしていないのです。内定承諾に答え、書類にサインするのは後でのことです。

pawsitive-min

最後に。現実的に、ポジティブでいましょう。

私たちは、良い知らせに対して喜びすぎる傾向にあります。面接のリクエストを受けることは、とても良い知らせですよね。しかし、不運にも、あなたが一次面接を通過する保証はないし、あなたが会社の求めている人材であるという保証もありません。だからポジティブさをキープして、常に目の前のこと(次の面接への準備)に集中しましょう。

ポイントは、時間を犠牲にして準備のクオリティを下げることなく、あなたの機会を最大化するのに最適な数の会社に出会うことです。これを実行することは、あなたの時間を良い機会に集中させることに繋がります。

この記事を読んで、より良い転職活動を送ってください!

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。