大企業から転職 「スタートアップ」が選ばれるわけ 

今働いている会社で、憤りを感じたことはありませんか?

「仕事に楽しさを見出せない」

「自分のスキルが十分に生かされていない」

「挑戦したいのにできない」

そんな風に思っているそこのあなた!スタートアップってご存知ですか?

スタートアップとは、起業や、新規の事業を開始することなどの意味です。

知っていた人もそうでない人も、今ある安定した環境を手放して新しくビジネスを始めたばかりの会社へ移るのは”不安”に感じるかもしれません。

そこで今回は、大企業からスタートアップへ転職した方々にお話を聞き、彼らがスタートアップを選ぶ理由についてまとめてみました。

スタートアップへ転職するとはどういうことなのか、リアルな声を聞くことで将来のキャリアを考えるヒントが見つかるのではないかと思います。

・安定 vs 自主性

大企業などで働く最大のメリットはやはり、「安定」ではないでしょうか。企業が潰れる心配もない、決められた額のお給料が毎月振り込まれる、新人研修などがあり仕事の内容も決まっている、などなど大企業が「安定」していると言われる理由は様々です。

スタートアップ企業には、「安定」はありません。しかし、その最大のメリットに「自主性」を持って仕事ができるという点があります。

例えば、仕事の取り組み方に決まりはありませんし、日々の仕事の中で何に取り組むべきか、何を優先すべきか、は全て自分の判断(またはチームとの相談)で決めることができます。その分責任も伴いますが、実際に働いている人たちによると、その「自主性と責任」こそが最もやりがいを感じることなのだとか。責任や自主性を求められる環境に面白みを見出すことができれば、スタートアップで働くことに楽しさをとやりがいを感じられるかもしれません。

・トップダウン vs ボトムアップ

よく、会社の体制が「トップダウン」なのか「ボトムアップ」なのかでその会社の風通しの良し悪しが判断されることがありまよね。

大企業は、「トップダウン」になる傾向があリます。きっちりと決まった会社の構造 があって成り立った組織であるためです。また、従業員の数が多いため一人一人の意見を取り入れることは大変難しいというのも事実です。

反対に、スタートアップ企業は「ボトムアップ」の体制を取りやす傾向にあります。事業を立ち上げたばかりでまだまだ成長途中であるスタートアップ企業にとって、自分たちのビジネスをより魅力的なものにするためには多様な意見が欠かせません。スタートアップ企業では、先ほども述べた「自主性」も相まって、従業員一人一人の声が通りやすい「ボトムアップ」の体制が生まれるのです。

・成長の機会

大企業とスタートアップ企業では、従業員それぞれが成長できる機会が少し違います。

大企業では、世間に知れ渡った名前と培った信頼で、自分では想像することも出来なかったような大きなプロジェクトに参加できる可能性があります。

スタートアップ企業では、さまざまな役割を担当することで自分を成長させることができます。 従業員が少ないスタートアップでは、それぞれの役割が定義されていない場合も多いです。専門ではないタスクを実行する必要もあります。 昨日は面接担当をしたけど、今日はマーケティングとエンジニアの仕事をしています、なんてこともあり得るのです。つまり、柔軟性、マルチタスキングが大変重要になり、そういった能力を大きく成長させることが可能なのです。

ースタートアップ企業への就職を考える際に考慮すべき項目

・危険? それとも冒険?

スタートアップ企業で働くことを考えるとき、それは危険だと感じますか?それとも冒険? 後者なら、おそらくスタートアップに適しているでしょう。

実際にスタートアップで働いている人は、彼らの仕事は冒険に満ちていると語っていました。彼らを待ち受けている仕事は様々で、柔軟性がテストされる瞬間が多々あります。 毎日違ったことに取り組んでいて多忙なため、仕事に飽きることはめったにないとか。

スタートアップへの転職を考える際に、「それは自分にとって冒険か、危険か」を考えてみてください。あなたがどれだけスタートアップに適しているかを知る良い方法となるかもしれません。

・スタートアップ企業の文化

これは、スタートアップへの転職を考える上で最も重要な項目の1つです。

始動したばかりで少人数体制の会社では、一人一人のビジネスに対する情熱がとても高いです。企業の文化に対する思いや誇りも強い傾向にあります。そんな中であなた一人がその文化に同意出来なかった場合、会社に馴染むのが大変困難になってしまいます。だからこそ、その会社の文化に賛同できるかどうかはスタートアップ企業では特に重要になるのです。

・ビジネスモデルは?また、その中核部分は?

どのスタートアップ企業に就職したいかを考える際、会社のビジネスモデルを見ることもとっても重要です。企業のビジネスモデルが革新的かどうかチェックしてみてください。もし革新的でなければ、大企業と同じことを小規模で行なっているだけになってしまい、わざわざスタートアップへ転職する意味を問う結果となってしまうこともあるかもしれません。また、会社のコアビジネスに情熱を注ぐことができるかどうかも考えてみてください。入社後に、ビジネスを探求したり実験したりさせてもらえる可能性があります。その際、自分が情熱とやりがいを感じられるのか一度考えてみてください。

・企業の将来・展望

スタートアップ企業の明るい未来を想像することが出来ますか?

企業の文化にコミットし、その価値に寄り添うことができますか?

会社のビジョンを実現することに刺激を感じられますか?

あなたが転職する会社を決める前に、これらの質問全てに「はい」で答えられるか考えてみてください。

働きたい会社を選ぶのは簡単ではありません。しかし、その会社について調べたり、会社と気軽に話す機会を作ることは、あなたが興味を持っている会社をより深く知るための大きな一歩となります。 Justaでは、設立されたばかりのスタートアップ企業や、大幅に成長しながらもDNAにスタートアップ文化が残っている企業などを多く取り上げています。 スタートアップへの転職を考えたことが一度でもあるなら、ぜひJustaに無料登録してみてください。理想の企業を見つけるお手伝いをします! 🙂

By Mao Kameyama

Comments are closed.

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: